キ ャ リ ア と ラ イ フ を 語 る「薬剤師ライター」の ブ ロ グ

景気が厳しくてもビジネスでは攻めの姿勢?経験談をシェアします!

2020/04/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -
薬剤師ライターのKalooo(カルー)です!ヘルスケア領域の広告と広報で狭〜く、深〜くお仕事してまいりました。職種は戦略プランナーとコピーライターです。食べること、楽しくお酒を飲むことも大好き。横浜に長く住んでいて、ディープな横浜も知っているつもり!? でいます。

2020年3月の「月例経済報告」が発表されました。

「景気は、新型コロナウイルス感染症の影響により、 足下で大幅に下押しされており、厳しい状況にある」

2013年7月以降、強調してきた「回復」という言葉を、なんと6年9カ月ぶりに「削除」してしまいました。

フリーランスになる、起業する、転職するといった節目を迎える方、もしくは踏み出そうと計画している皆さんにとっては、モチベーションが上がりにくい状況かもしれません。

先行き不透明な状況でも「攻め」の姿勢でいくか、いやいや今は「守りでしょう!」なのか、kaloooの経験に基づいて、考え方のポイントをまとめてみました。


ポイント1:絶対やる!という強い気持ちを持ち続けられる仕事か?

世の中停滞感でいっぱいの雰囲気だったら、「攻める」気持ちもダウンしがちです。「それでもやろう!」という使命感と情熱を持ちづけられる内容の仕事かどうか。

今のような状況で、「ま、いっか。現状維持で」と、諦めモードに切り替わるようら、新たなチャレンジは、今はやめておいた方がいいかもしれません追い風が吹くまで待つのもアリですし、強い気持ちを持ち続けられる仕事は何かを再考してみるのも一手です。

ポイント2:不況が続く中でも持ちこたえるビジネスか?

たとえば、新型コロナウイルス感染症の流行では、営業がままならないような状況が長く続いています。当然、セールスへの影響は小さくなく、倒産に至る企業も出てきました。それでも伸びているビジネスもあります。

インターネットの使用量が増えているということで、推測になりますが、eコマース、コンテンツビジネス、オンラインゲーム、ビデオ・オン・デマンドなどが伸びている可能性があります。

テレワーク対象企業の社員は、自宅近くのコワーキングスペースを作業場として使用しているそうで、こうしたビジネスも伸びていることが予想されます。

※ 自宅近くのコワーキングスペースであれば通勤時間は短縮されますが、根本的な感染予防策にはならない可能性があります

ポイント3:「備え」は十分か?

状況が悪化してから出来ることは意外と限られるもので、さらに、好転するまでの時間もかかるものです。ですので、良い状態の時こそ、有事の状況を予測して「備えを貯蓄」しておくことをオススメします。 たとえば…

  • 数カ月ビジネスが停滞してもやっていけるだけの経済的な備え
  • 一定期間作業がストップするようなことがあってもデッドラインを守れるよう、常に前倒して作業を行う習慣づけ
  • 有事の際はテレワークに切り替えるなど柔軟な働き方をするための、作業スペースやIT環境の整備

良い状況の時にこそ、先回りして体制を整えておくことが大切です。備えを十分に貯蓄しておけば、あなたにとっての「いまだ!」の時に、「攻め」の姿勢に切り替えられるはずです。

Kaloooの経験に基づく結論

停滞感がある中でも、(1)絶対にやる!という強い気持ちを持ち続けられ、(2)有事でも影響を受けにくいビジネスであり、(3)何かあってもすぐには困らない「備えの貯蓄」がある――。これらの条件がそろえば、「攻め」の姿勢でチャレンジあるのみ!です。Kaloooの場合は、(1) (2)人間が生きる上で必要不可欠な「医療」に関連する仕事。どこかで誰かの役に立っているという実感があるからキツくても継続できる(3)自己学習や貯蓄(笑)をコツコツやってきた――。こんな感じです。リーマンショックや、3.11後の転職経験を思い出してまとめてみました。

「攻め」の姿勢は、

適切な準備をした上でリスクをとる

という意味合いに近いかと思います。

先行き不透明な中でモチベーションを保つには

明るい未来が見えにくい状況においては、モチベーションを維持しにくいものです。モチベーションが低い状態では、新しいチャレンジも難しくなります。では、どうするか…

なーんだ、と思われるかもしれませんが「ポジティブシンキング」がひとつのこたえになります。ポジティブシンキングにはちゃんとエビデンスがあるんです。

新しい心理学の領域に、ポジティブ心理学という分野があります。第一人者のひとりで「ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則」を執筆したバーバラ・フレドリクソンさんは、こんな指摘をしています。

「ポジティブな感情が、ネガティブな感情の『3倍』を超えた時に初めて、いろんなことがうまくいく」

ポジティブ感情と、ネガティブ感情の比率は「3:1」がいい、ということになります。多くの人は「 2:1 」くらいだとのこと。

でも!「自分だけは大丈夫」「自分には関係ない」「なんとかなる」というような、根拠のないポジティブ思考は、危険です。ただポジティブなだけでは乗り切れないこともたくさんあるからです。

「幸せ」であることのビジネスへの効能

「幸福度」に関連するエビデンスをひとつ。

人事や心理学で著名なリュボミルスキー氏によると、「幸福感が⾼い社員は平均で⽣産性が31%、売上げが37%、創造性が3倍高まる」のだそう。宝くじに当選するとかそういう大きな幸運は、そうそう降ってきません。でも、ちょっとした足もとの幸せを見つける、感じる努力をすることはできます。

日ごろから幸福を感じる手段を知っていれば、幸せ偏差値を底上げでき、ビジネスにもいい影響が出てくるのではないでしょうか。

人生一度きり!
備えを十分に行った上での「攻めの姿勢」で、充実したキャリアを築けますように…
応援しています!

※Images are from Unsplash that offers free stock photos.

この記事を書いている人 - WRITER -
薬剤師ライターのKalooo(カルー)です!ヘルスケア領域の広告と広報で狭〜く、深〜くお仕事してまいりました。職種は戦略プランナーとコピーライターです。食べること、楽しくお酒を飲むことも大好き。横浜に長く住んでいて、ディープな横浜も知っているつもり!? でいます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 横 浜 ミ ル ク テ ィ , 2020 All Rights Reserved.