キ ャ リ ア と ラ イ フ を 語 る「薬剤師ライター」の ブ ロ グ

【放送延期中】石原さとみさん主演の薬剤師ドラマ「アンサングシンデレラ」スタート!

2020/04/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -
薬剤師ライターのKalooo(カルー)です!ヘルスケア領域の広告と広報で狭〜く、深〜くお仕事してまいりました。職種は戦略プランナーとコピーライターです。食べること、楽しくお酒を飲むことも大好き。横浜に長く住んでいて、ディープな横浜も知っているつもり!? でいます。

アンサングシンデレラ」は、「薬剤師」が主人公のドラマです。でもこのタイトル、なんだか不思議な感じがしませんか? 私は正直、「アンサングってなんだろう??」と、思ってしまいました。


「アンサング」とは、「称賛されない」といった意味。なんと残念なネガティブワード(涙)!! 医師をはじめとする医療従事者のなかでも薬剤師は残念ながらアンサングな存在、ということなんですね。薬剤師界隈では「薬剤師が主人公の漫画やドラマができたらいいな」という話はしていましたが、あくまで願望。現実のものになるなんて思ってもみませんでした(そう、薬剤師ってすごーく控えめなんです、笑)。

なので、ドラマ化のニュース、しかも、主人公の「葵みどり」役は石原さとみさんだと聞いた時は信じられない気持ちと同時に、すっごく嬉しかったのを覚えています。

「アンサングシンデレラ」の原作は漫画!

原作は「月刊コミックゼノン」で連載している『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり(荒井ママレ/医療原案:富野浩充〈とみのひろみつ〉さん)』です。富野さんは、現役の病院薬剤師さんで、ライターとしての活動も行っているそうです。

yomiDr.(ヨミドクター)に、アンサングシンデレラの紹介と、冨野さんのインタビュー記事が掲載されています。ぜひご覧ください!

「アンサングシンデレラ」は厚生労働省のポスターにも !?

薬と健康の週間」といって、医薬品を正しく使用することの大切さ、そのために薬剤師が果たす役割について一人でも多くの方に知ってもらう厚生労働省主催の全国一斉活動があるんですね。毎年10月中旬の1週間、全国で健康フェアなど、健康に意識を向けていただくためのさまざまなな活動が各地で行われています。

なんと、令和元年度のキャンペーンポスターには、

この「アンサングシンデレラ」のイラストが使用されました!!

それまでは、いわゆる当たり障りのない(笑)イラストを使ったポスターだったので、ここにきていきなり「アンサングシンデレラ」! いくら「薬」や「薬剤師」が活動するイベントだからといって、ちょっと内輪受けが過ぎるんじゃ、と思ったりもしたものでした。

でも、こうしてフジテレビで放映されるまでになったわけです。

過去には薬剤師が出演する映画「ドラッグストア・ガール」も

薬剤師が出演するドラマや映画には、2004年公開の『ドラッグストア・ガール』がありましたね。大林恵子役の田中麗奈さんが、薬科大学に通うラクロス好きな薬学生という設定でした。

ただこの映画は、薬剤師の職能とか、日々の業務の細かい描写とか、薬剤師ならではの葛藤とか、そういうことにフォーカスしたものではなく、ドラッグストアを舞台とした恋愛アリのドタバタコメディ的要素が強かったように思います。

「アンサングシンデレラ」に登場する薬剤師とは?

現場で活躍する薬剤師は、大きく「病院薬剤師」「保険(調剤)薬局の薬剤師」に分けられます。それ以外には「ドラッグストアで働く薬剤師」もいます。アンサングシンデレラの舞台は「病院」。そこで働く薬剤師ということで、

「病院薬剤師」が主人公になっています。

大きく分けると、病院薬剤師は主に入院患者さんに処方されたお薬のサポート、保険薬局の薬剤師は病院や診療所から出された処方箋に基づいて、調剤を行う薬剤師です。

昔は病院の外来を受診した患者さんにも、入院患者さんにも、病院の薬剤部で調剤を行っていましたが、昭和49年(1974年)以降は、国の方針により、外来処方箋は院外の保険薬局で調剤し、患者さんに手渡される方針となりました。

みなさんも受診したとき「薬局に処方箋を持っていって薬をもらう」という経験をしたことがあるのでは思います。

病院薬剤師はこんな仕事をしています!

東京都病院薬剤師会のホームページでは、病院薬剤師の役割について、以下のように説明しています(抜粋)。

一部の外来/入院患者さんに対する調剤業務や、注射薬の調剤業務。加えて、救急救命、外来で抗がん剤を手遠的する際の外来化学療法のサポート、膨大な医薬品情報の収集と院内・患者さんへの情報提供、医薬品開発(臨床試験)に関する業務など。

「アンサング」なわりには(笑)、たくさんの、責任ある仕事を任されているんですね。専門性が高く、とてもやりがいがありそうです。

医師、看護師等、さまざまな役割と専門性を持つ多職種で構成される「チーム医療」の一員として何が出来るか考え、医療に貢献するという点も、病院薬剤師ならではのやりがいだと思います。

「アンサングシンデレラ」のキャスティング

主人公「葵みどり」役はなんと!石原さとみさん!

こんな人気女優さんに演じていただけるなんて、嬉しいことです。薬剤師みどりのトレードマークは「高い位置でまとめたお団子の髪型」なんですが、石原さとみさんなら、とても似合いそうです。みどりの患者さん思いなまっすぐな性格、ストレートだけれど愛ある物言いも、石原さとみさんのキャラクターとも重なるようで、まさにハマり役!なのではないかと思います。

「アンサングシンデレラ」テレビドラマの公式HPはこちら

「医師のように頼られず、看護師のように親しまれなくても、“縁の下の力持ち”として患者のために奮闘する病院薬剤師たちの、ヒューマンドラマです」(番組Twitterより)

そう、薬剤師は「縁の下の力持ち」だったのです。

※Images are from Unsplash that offers free stock photos.

この記事を書いている人 - WRITER -
薬剤師ライターのKalooo(カルー)です!ヘルスケア領域の広告と広報で狭〜く、深〜くお仕事してまいりました。職種は戦略プランナーとコピーライターです。食べること、楽しくお酒を飲むことも大好き。横浜に長く住んでいて、ディープな横浜も知っているつもり!? でいます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 横 浜 ミ ル ク テ ィ , 2020 All Rights Reserved.